国産アイアン発祥の地いちかわ

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

アイアンクラブの歴史・発祥の由来

アイアンクラブの歴史

ゴルフの歴史は大変長く、一説には12世紀頃スコットランドの羊飼いが、木の棒を使って小石をウサギの巣穴に入れて遊んだのが始まりといわれています。最初のクラブはすべてウッドクラブであり、当時は弓師によって作られていました。

 

アイアンクラブが本格的に研究されたのは1790年頃といわれており、その後ボールの素材も皮製のものからゴム製ボール、糸巻きボールへと改良されていく中で、それに対応するクラブも改良され、現在のようなアイアンヘッドのクラブへと進歩していったのです。

刀鍛冶の技術を応用し、市川町で完成した国産初のアイアンヘッド

昭和3年頃、兵庫県工業試験場三木分場にアイアンヘッドが研究材料として持ち込まれ、その担当研究員の一人に松岡文治さんという人がいました。

 

松岡さんは川辺村(現市川町西川辺)の鍛冶工 森田清太郎さんにアイアンヘッド製作を依頼しました。

何度も試行錯誤を重ね、ついに刀鍛冶(かたなかじ)の技術を応用した鍛造(たんぞう)製法による国産初のアイアンヘッドが完成、昭和5年に量産化に成功しました。

開発にかかった歳月は実に3年、日本のアイアンヘッドはこの市川町で産声をあげました。

姫路地域に広まったゴルフクラブ生産

#

アイアンヘッドの量産化に成功した松岡さんと森田さんは、それぞれ姫路市に生産工場を移し、本格的なアイアンヘッドの製造を始めました。

 

第二次世界大戦中はゴルフ器具の製造が禁止されてましたが、昭和25年ごろから再開されました。この頃から製造メーカーも増え始め、昭和30年代に到来したゴルフブームにより、一気に生産量が増加、昭和40年代には全国のアイアンヘッドの7割を姫路地域で生産したといわれ、地場産業として定着しました。

鍛造(たんぞう)によるアイアンヘッド製作

#

現在のアイアンヘッドの製造方法は主に金属を溶かして型に流し込んで成型する鋳造(ロストワックス)製法と、加熱した軟鉄を金型に入れて加圧成型する鍛造(フォージド)製法の2種類があります。

 

鍛造製法は刀鍛冶の技術の応用で、約1100℃に熱した軟鉄を金型に入れ、高圧でプレスします。加圧することで、組織が緊密になり、柔軟なしなりも生まれるといわれています。鍛造製法によるアイアンヘッドは一般的に打球感が柔らかく、プレーヤーにあわせてライ角・ロフト角の微調整も出来るため、プロやゴルフファンには根強い人気があります。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

市川町が育んだ高度な技術

1、鉄の材料を鍛造(たんぞう)~粗鍛造工程~

原材料S25Cと呼ばれる軟鉄の丸棒を20センチ程度に切断したもの
材料の鉄を電気炉で約1100℃まで熱します。
熱した鉄を金型に入れてプレス機で鍛造します。
ヘッドまわりのバリを金型で取り除きます。

2、仕上げ鍛造(たんぞう)

バリ抜き後のヘッド 表面にスケール(酸化鉄)が付着しています。
自然冷却後、表面のスケールを取り除き、再度800℃程度まで熱します。
熱したヘッドを精密な仕上げの金型に入れてプレスします。
最終の表面処理を行い、鍛造工程の終了。

3、刻印・ロフト、ライ角調整

番手、ロゴを油圧プレス機で刻印します。
フェーススコアラインの刻印を行います。
プレーヤーに合わせたロフト、ライ角の調整をハンマーで叩いて行います。
シャフトを差した状態のロフト、ライ角を確認し、微調整を行います。

4、研磨工程

ペーパー研磨により輪郭をモデル毎に調整。重量を計りながら形状を整え徐々にペーパーの番手を上げて仕上げていきます。
粗目の砥石とコンパウンドを入れ、約8時間かけて機械で表面を研磨します。
振動バレル内のヘッドと砥石
更に細目の砥石とコンパウンドで研磨することで、表面を滑らかにします。

5、メッキ加工、仕上げ工程

メッキの仕上げ方により、バフ磨きなどを行います。(写真のヘッドはミラー仕上げ用)
ニッケル、クロムメッキを行います 最近はメッキの色なども様々な種類があります。
メッキ処理後、刻印部分に色入れをします。
こうして出来上がったアイアンヘッドは梱包され出荷されます。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

市川アイアンの紹介

アイアンの紹介

アイアン職人の町世界が認めるいちかわ鍛造アイアン

アイアン職人の町世界が認めるいちかわ鍛造アイアン

アイアン製造工程 鍛造アイアンヘッドができるまで

アイアン製造工程 鍛造アイアンヘッドができるまで

世界初!日本刀ウェッジ完成「伝統技術の融合」

世界初!日本刀ウェッジ完成「伝統技術の融合」

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

市川家の家系図

市川町商工会では"市川町を知ってもらう、一度は行ってみたい、いちかわを目指す"ため、平成21年度より「WELCOMEいちかわ」事業を推進し、「国産アイアンヘッド発祥の地」市川町をPRしています。その中で神戸芸術工科大学と共同でロゴマークやキャラクターなどを考案しました。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

4コマ漫画(鍛造)

鍛     造
この人は市川鍛造さんです。アイアン工場を経営しています。
はたらきもので、
頼りになる社長で、
おちょうしものです。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

4コマ漫画(ママ)

マ     マ
この人はママです。鍛造さんの奥さんです。
髪飾りをつけたら、さあ、工場へ向かいます。
工場では仕上げ作業を手伝います。
晩ご飯の献立を考えながら。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

4コマ漫画(てつ)

て     つ
鍛造さんの長男のてつです。バーディ君の兄さんです。
研究熱心で、
研磨おじさんを尊敬しています。
一流のアイアン職人になることを夢見ています。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

4コマ漫画(バーディー)

バーディくん
キャディ修行中のバーディ君です。鍛造さんの息子です。
早く一人前になるべく、努力をおこたりません。が、
少し怠け者で、
おちょうしものです。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

4コマ漫画(研磨おじさん)

研磨おじさん
これは市川研磨さんです。鍛造さんのお兄さんです。
タバコが手放せません。
腕は一流です。
とってもおしゃれです。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

スナッグゴルフとは

スナッグゴルフについて

スナッグゴルフは、アメリカで開発されたゴルフの基本技術を学ぶために考案されたスポーツです。 スナッグ(SNAG)とは“Starting New At Golf”(ゴルフを始めるために)の頭文字を採った造語で、ゴルフと比較して子どもや初心者でもボールを容易に打つことができます。 もう一つ、スナッグで使用するターゲット類はすべてボールがくっつくようにデザインされています。SNAGとは、「くっつく」という意味がありますので、この二つの理由から「SNAG」と命名されました。 スナッグゴルフは通常のゴルフよりもルールがわかりやすく、子どもから高齢者まで、ゴルフ初心者から上級者まで、屋外でも屋内でも、安全に、正しく、誰もが楽しむ事が出来る簡易版ゴルフともいえるスポーツです。

スナッグゴルフの特徴

スナッグゴルフの最大の特徴は、ゴルフ未経験者や子どもでも簡単にプレーができる事です。また、学校の校庭や体育館のような身近な狭い場所でも安全にゴルフを練習・プレーできます。

スナッグゴルフの用具には様々な工夫がされており、プラスチック製の大きなヘッドのクラブと、テニスボールより一回り小さい柔らかいボールを使用するため 安全性に優れています。ショットを打つ際にはゴム製のマットとティーを使用するので、芝生、床、土、コンクリート等のあらゆる地面に対応し、地面を傷つけ る心配もありません。

ボールの重さはゴルフボールと同じであるため、ボールを打った感触は、ゴルフにとてもよく似ています。ボールの飛距離は小学生(中学年)がフルショットして約30ヤード程なので、30ヤードの距離があれば、パー3のホールを設定することができます。
ちなみに大人がフルショットして40~50ヤードです。

スナッグゴルフのコンセプト

スナッグの用具やプログラムには、ゴルフの基本技術であるフルショット・ピッチショット・チップショット・パッティングそして“コースプレイ”を「楽しく」「正確に」習得するために、様々な工夫が施されています。

また、プレイや練習を通してゴルフの「マナーやエチケット」を学ぶことができます。 スナッグは、初心者にとってゴルフを学ぶための「ゴルフの入り口」となるでしょう。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

スナッグゴルフを楽しもう

スナッグゴルフを楽しもう

スナッグゴルフで使う道具

ランチャー

ランチャー

グリ-ン以外のすべてのショットに使用します。

正しいグリップを学ぶことができるように、形状や色に特殊な工夫がされています。

ローラー

ローラー

グリーン上でボールを転がすクラブです。パッティングがうまくいく工夫がされています。

フラッグ

フラッグ

通常のゴルフのカップの役割をするもので、黄色の部分がマジックテープ素材でできています。軽量で、持ち運びがとても簡単です。

ランチパッド

ランチパッド

ランチャーを使用するときに必ず使います。ショットの際に地面を傷つける心配がなくなります。

ボール

ボール

テニスボールを一回り小さくしたサイズ。柔らかく、安全性に優れています。ゴルフボールとほぼ同じ重さで、しっかりとした打感を感じることができます。

スナッグゴルフのプレイ場所

スナッグゴルフでは、「世界中があなたのコースです」をモットーに、身近な場所で、ユニークかつ創造的にコースをレイアウトできます。

つまりそこが「安全」であればどんな場所でもスナッグのコースとなるのです。運動場や広場などはもちろん、体育館、庭、少し広めの部屋など、どこにでもスナッグのコースをレイアウトできるのです。

  • 校庭
  • 体育館
  • ゴルフ場
  • 公園

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

スナッグゴルフのルール

スナッグゴルフの基本

スナッグゴルフで使う道具

スナッグで使用するクラブは2本だけです。競技者は、ランチャー(ショート用のクラブ)1本、ローラー(グリーン上でボールを転がすのに使用するクラ ブ)1本、ランチパッド1枚、ボール1個を持ち、ティーインググランドからスナッグフラッグに何打でくっつけられるかを競います。

基本的に、ゴルフのルールと同じですが、子どもから高齢者までが競技できるように少し簡略化しています。

スナッグゴルフのルール

スナッグゴルフのルール1

ランチパッドの矢印をフラッグの方に向けて置き、ランチパッド上の青いティーの上にボールを乗せます。旗に向かって、ランチャーでショットします。2打目以降はフラッグから遠い人から打ちます。フラッグの周囲に張ってあるロープの中にボールが入るまで繰り返します。

スナッグゴルフのルール2

ボールがロープの中に入ったら、ローラーを使用します。ここでは、ランチパッドは使いません。ボールを直接、芝の上に置いて打ちます。フラッグの下の黄色い部分を狙いましょう。

スナッグゴルフのルール3

フラッグの下の黄色い部分はマジック式になってます。ボールがくっついたら、ホールアウトです。

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

スナッグゴルフ大会イベント情報

大会・イベント情報

【平成22年7月18日(日)】体験教室

【平成22年8月22日(日)】大会

2日間で約120名、中播磨地域だけでなく、阪神間からも多くの方が参加されました。

撮影したビデオ映像

スナッグゴルフ大会・イベント動画

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて

市川町商工会

お問い合わせ

ご連絡方法

tel:0790-26-0099

お問合せフォーム

ゴルフ製造関連企業へのご連絡、スナッグゴルフについてのお問い合わせはこちら

ゴルフクラブの発祥の地 市川町

キャラクター紹介

スナッグゴルフについて