中小企業庁定義によるBCP(Business Continuity Plan)とは、「企業が自然災害等の緊急事態におかれた際、事業資産の損害を最小限にとどめ、中核事業の継続もしくは早期復旧を可能とさせるために平時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための手法を取り決めておく計画のこと」とありますが、自然災害や感染症、大事故、サプライチェーンの途絶などが経営上において不測の事態に陥った場合など、何が起こっても最低限の事業を継続していかなければなりません。

そこで平時から売上や利益に貢献する仕組みとして捉え、BCPを策定していくことが必要となります。
商工会ではBCP策定のためのセミナーや専門家による個別相談を行っています。
お気軽にご相談ください。

BCPの策定運用指針

リンク先
https://www.chusho.meti.go.jp/bcp/

また中小企業庁では中小企業がBCPに対する取組の入口として、より簡単なものから始められるようにと、事業継続力強化計画の認定制度を設けています。認定を受けた中小企業は、税制優遇や金融支援、補助金の加点などの支援策が受けられます。詳細は中小企業庁事業継続強化計画のページをご確認ください。

事業継続力強化計画(中小企業庁)

リンク先
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/bousai/keizokuryoku.htm